砂川小学校のブログ

 

砂川小学校のブログ

砂川小学校のブログ
フォーム
カテゴリー: 年月:
 
臨海学校にむけて!(5年生)
2021-07-01
臨海学校にむけて5年生の活動が始まっています。
 
子どもたちが本当に楽しみにしている臨海学校。それに向けて、主体的に学習に準備取り組んでいます。
写真は、レクリエーションの練習です。
練習の中、子どもたちのわくわくが伝わってきました。
 
おはなしの会(5年生)
2021-07-01
本日2限の5年生の各教室の様子です。
 
緊急事態宣言等でなかなか実現しなかった「おはなしの会」が、やっと今日スタートできました。
昨年度から何度も何度も打合せと延期を繰り返し、本日を迎えました。
 
教室では久しぶりに読書の世界に導かれる「ろうそくの火」が灯され、お話が始まりました。
子ども達は、すっかりとお話の世界に入り、聞き入っていました。
 
お話の会の皆様、悪天候の中、ご準備いただきありがとうございます。
 
PTAソフトバレーボール7/1(木)16:00から再開します!
2021-06-28
 
放送集会
2021-06-28
今朝の放送集会の様子です。
 
生活委員会からは、水分補給についてのお話がありました。
のどが渇いたから飲むのではなく、毎時間ごとに一口こまめに補給しようと、内田先生からお話いただきました。
 
校長先生からは、失敗しても挑戦し続けることの大切さを、動画を通して教えていただきました。
 
6年 租税教室
2021-06-25
今日の午前中に、6年生を対象とした租税教室が行われました。
 
泉佐野市の松浪武久税理士事務所から、松浪先生が来られ、そもそも税金とは・・・というお話をビデオなどを交えてお話くださいました。
 
なかなか普段聞きなれない用語もありましたが、よく知っている消費税の話、国の歳入・歳出の話など、多岐にわたりました。
 
授業の後半には、レプリカの1億円が登場し、子ども達は興奮。
 
1時間でしたが、税について考える実りある時間となりました。
 
6/22 5年生体育 リレーの練習
2021-06-23
5年生の体育では現在、リレーの練習をしています。

上手くバトンタッチができるようにバトンを渡す練習です。
 
①リードゾーンの手前からメジャーで1m間隔でコーンを置く。
②チームで何m手前から合図を出せば、走りながらバトンパスができるのかを調べる。
③チームでバトンを渡す相手と練習をする。
 
大事なのはリードをする人ではなくバトンを渡す人で、リードをする人は合図があったら全力で走り出すことです。
話し合い活動を通して、リードの技術が上達しました。
コミュニケーション能力、主体性も向上しているようです。
 
必死に走る姿が目に鮮烈です。
 
玄関の花
2021-06-22
いつもきれいな花をボランティアで生けてくださっています。
子どもたちがいつもきれいな花を見て、情操の発達につながっています。
ありがとうございます。
 
現在はお二人の方がしてくださっていますが、ぜひもっとたくさんの方にしていただければうれしいと思っています。
ご興味のある方は教頭先生までご連絡ください。
 
6/22 田植をしたイネがしっかりと根付いて大きくなりました
2021-06-22
6/9に5年生が田植をしたイネが2週間もたたないうちにしっかり根付いてここまで大きくなりました。
 
6/21 児童集会
2021-06-21
6/21(月)児童集会が大休憩にグランドで行われました。
 
最初に全員で校歌を歌いましたが1年生も授業で練習していることもあり、大きな声でしっかりと歌えるようになってきました。
 
<校長先生からの話>
緊急事態宣言が無事終了し、今日からまん延防止措置に移りました。引き続き、感染防止に気をつけていきましょう。
 
また、お亡くなりになった将棋クラブの指導員さんのところに、先週弔問に行き、将棋クラブの子どもたちとの交流を楽しみにされていたと聞かされました。これからも、感謝の気持ちを持ち続けていきたいと思います。
たくさんの地域の人たちが、砂川小学校の子どもたちのことを大切に思い、すくすく育っていくのを見守り、喜んでくれています。
自分でも自分のことを大切にしていきましょう。
 
 
<今週の週番の先生からの話>
2分前チャイムが鳴ったら階段ににたくさんの人が集中するので一歩一歩しっかりと気を付けて階段を上るなど、階段を安全に通るようにしましょう。
 
6/18(金)1年2組で道徳の公開授業が行われました
2021-06-18
6/18(金)1年2組で道徳の公開授業が行われました
 
「もりの ぷれぜんと」という教材です。
 
並んだ順番で配られるプレゼントの列に並んでいるキツネが親友のキツネを呼んで、特別扱いして、順番を守らず自分の後ろに入れようとします。
その様子を見ていた後ろの動物たちたちから「ずるい」と指摘されて最後尾に並びなおします。
その時、オオカミが「ぼくも」と走りこんでくるのを元から並んでいた親友のオオカミが「後ろに並んで」と公正・公平に対応します。
その様子を見た、特別扱いしようとしたキツネが赤い顔になるという話で、「うしろに並んだオオカミのことをみんなはどう思っただろう」「だれにでもおなじように」とはどういうことなのか子どもたちにに考えさせる内容でした。
 
授業では
①「自分の後ろに入りなよ」と言ったキツネは何を考えていましたか。
②並んでいるみんなは何を考えていましたか。
列の後ろに並んだオオカミの様子を見てキツネは何を思いましたか
④オオカミはどんなことを思って「後ろにならんでね」と言ったの。
ということを子どもたちに問いかけ、登場人物の心の動きを考え、公正・公平とはどういうことかを考えました。
 
子どもたちが一生懸命に頭を使い続けているのを良く感じることができる授業でした。
 
子どもたちとよりよい授業ができるように、授業力を高めるための研修を今後も行っていきたいと思います。
qrcode.png
http://sennan-sunagawa.jp/
モバイルサイトにアクセス!
054899
<<泉南市立砂川小学校>> 〒590-0504 大阪府泉南市信達市場450-6 TEL:072-484-0251 FAX:072-484-0252